白色申告から青色申告にする方法とメリット

Posted on

青色申告で税務申告するには

青色申告は収入や事業の為の支出など日々の取引の記録を帳簿に保存しておいて正しく申告する事で、税金面で優遇される確定申告の方法です。白色申告と青色申告は自由に選べるわけではなく、青色申告で確定申告するには所得税の青色申告承認申請書を提出しておかないといけません。青色申告承認申請書はその年の1月1日から1月15日までに開業した場合は3月15日までに提出すれば問題ありません。1月16日以降に新規開業した場合は開業から2か月以内に提出する必要があります。その年に新規開業したのではなく、既に開業している人は3月15日までに提出しないと青色申告で申告する事ができません。一度青色申告承認申請書を提出すれば毎年提出する必要はありません。

青色申告に変更するメリット

白色申告から青色申告に変更すると事業での収入や支出を細かく帳簿に記録して保存しておく必要があります。その分だけ確定申告する手間が増えますが、それ以上にメリットがあります。青色申告にすると白色申告の時には受けられない特別控除を受ける事ができます。青色申告でも条件次第で控除額は変わりますが、最大で50万円の特別控除を受けられます。青色申告ならば家族への給与も経費として認められるので、家族と一緒に働いている事業主は大きく節税する事ができます。控除を受けられるだけでなく、損失の繰り越しと繰り戻しができます。損失が出た年があれば利益が出た年とあわせて計算できるので、利益の出方が年によって違っても税金面で不利になりません。

青色申告とは、大きく分けて2種類ある確定申告のうちのひとつです。白色申告と違い事前に税務署へ届出が必要ですが、受けられる税控除額が最大65万円となっているなど、特典が白色申告より大きいのが特徴です。