管理する側も使う側もメリットのあるタイムカードアプリ!

Posted on

どこにいても使えるタイムカードアプリ

勤怠を管理するうえでよく使われるタイムカードですが、今までの打刻するタイプでは器機を従業員がいるところ全部に設置しなくてはなりませんでした。しかし、事務所のほかに取引先に常駐、現場に出勤など働き方もいろいろです。その時でもタイムカードアプリであれば、スマホやネット環境さえあればいいので、どこに従業員がいても器材がなくても勤怠管理ができます。これなら打刻機がなくてもその場で記録できるので忘れることも防ぐことができます。

打刻のために時間を無駄にしない

打刻タイプのタイムカードだと設置台数にも限りがあります。そのため従業員は時間内に打刻して席に着く必要があり、台数によっては並んでしまうこともあります。その時間も含めて早めに出勤、仕事終わりも打刻のために電車が1本遅くなるなどデメリットがあります。しかし、タイムカードアプリなら自分一人に1つの打刻機のようなイメージですので、余計な時間と手間を省くことができて、仕事に集中できますしイライラしなくても済みます。

勤怠を自動で計算してくれるから管理が楽!

給与を計算するときにタイムカードで出勤日や勤務時間、さらに有給や早退などいちいち一人ひとりチェックして、手計算しなくてはなりません。そのため、細かい作業になり時間もかかり、ほかの業務に支障が出てしまうこともあります。ところがタイムカードアプリは合計を自動で計算して表示してくれるので、あらかじめ合計数がわかった状態から給与計算が始められますので、時間を短縮して手間を省いてくれます。経理や総務の残業を減らすことにもなります。

タイムカードアプリを使えば、勤労時間を手軽に管理することができます。ケータイやタブレットなどの端末一つでできるので簡単です。