社内のコミュニケーションを豊かにする!社内SNSの導入の意義とは?

Posted on

社内SNSを使った人材育成のメリット

社内SNSの導入を進めている会社の数は年々増加していますが、中でも大手企業や官公庁などを中心に、人材育成のためにこうしたツールを用いるところも目立ちます。特に、新人研修の後に一人ひとりの社員の研修の効果をチェックしたり、仕事上の悩みを把握したりするうえで、社内SNSを活用することで、人事管理を適切に行うことが可能となります。また、社内SNSの使い方について研修を通じて一人ひとりの社員に教育する企業もあり、情報社会において欠かせないツールとして定着しつつあります。なお、社内SNSを用いることで、部署が違う人や様々な年代の社員と交流ができることもあり、会社内でのコミュニケーションの活性化の観点からも大きなメリットが期待できます。

社内SNSを導入する際に注意したいこと

社内SNSは、企業内のコミュニケーションツールとして話題に上ることがありますが、SNSの機能をしっかりと維持するためには、情報処理に関する専門的な知識を持つスタッフが必要となります。また、社内SNSの機能を充実させるにあたって、少なからずコストが発生するため、おおよそのランニングコストの相場について把握をすることが大事です。なお、社員に対して社内SNSの正しい使い方についてのレクチャーが不十分な場合には、誹謗中傷やプライバシーの侵害などのリスクがあるため、必ず定期的な教育の機会を設けることが大切です。その他、社内SNSの利用者を増やし、交流を活性化させるために、人事の担当者が率先して各部署に聞き取りをすると良いでしょう。

社内SNSは、社内の社員交流の良いツールとなっています。SNSを利用することで社員のモチベーションも維持可能です。