社内報が全従業員に興味を湧かせるもでないと!

Posted on

社内報のレイアウトについて

社内報と言うと社内で働いている従業員の方にいろんな情報を提供していくものですが、正直つまらないなと思っている方もいるのではないでしょうか。しかし社内報は企業の考え方や今後の戦略性を全従業員に通達しているとても大事なツールです。社内報のレイアウトは最初に経営者・取締役の挨拶、そして各部署の紹介、トピックス、社員に紹介したい職場や新商品の動きなどを配置しているレイアウトが基本です。ただ多くの人に読んで貰うためにはこの一つ一つの記事を興味深いものに仕上げなければなりません。

社内報ライティングのコツ

興味深い社内報にするためには、多く社員の方が見たくなるようなライティングをしなければなりません。社内の情報とはいえ、仕事以外にも、忙しい時間を過している社員にとっては興味が湧くような社内報でないと社内報を読むのは後回しになってしまうかもしれません。

社内報のライティングのコツとしては社員と同じ目線のライティングが必要です。特に最初のページで社長の話が書かれている事が多いのですが、従業員の困っていることや身近な事を書くことで、社員と同じ目線も持てる会社であるという認識が出てきます。そうなると社内報を見ようという意識も高くなるでしょう。

また、横のつながりを意識させるものであることも必要です。大企業になればなるほど、身近にいる人以外のつながりはどうしても希薄になってしまいがちです。普段垣間見えない部署の仕事ぶりを、密着しながらライティングするのも興味を湧く社内報の作成に繋がります。

社内報とは、冊子やWebなどの形態で会社から従業員に対して行う広報であり、社内で価値観や考え方を共有するために作られます。